読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりごと備忘録

お察しください

いきてる

久しぶりにこの画面を開いた。 誰も見ていないと思うけれどそんなことは関係ないのだ!いや、本当は読んでもらいたい。けれど、それよりも以前に、文章が書ける喜びを今は噛み締めたい。(時間に余裕があるわけではなく体調不良で寝ているだけだが)時間と意…

あとから振り返ってこれで良かったなんて

某都内のガードレール下で電話をかけようと、ふと思い立ったのは選考を終えてからのことである。 今回もいまいちうまくいかなかった。 「ありがとうございました」と見送られ、下降し戻る鉄の箱の中で「ああすれば良かった」「こうすれば良かった」とまた後…

満たされないままでは乾いてしまう

就職活動や社会人生活をする上で、避けては通れないのが「他人の評価」である。いや、集団生活をするようになった頃から小学校でも中学校でも——今までもそれはあったように感じた。 なんで今まで気づかなかったんだろうといえば、他人の評価をそれなりに受け…

口癖

無意識に出ていた 「すみません」 典型的な日本人みたいな 「ありがとう」より「すみません」出てくる 自信のない現れなのかしら 因みに無駄にへりくだっても良いことはない

習慣

昨日、はじめてここの更新をサボってしまったのですが、以前の私なら「あーあ、途切れてしまった」と自責の念にとらわれてしまうところを、「ああ!やってしまった」とモヤモヤ気持ち悪く感じました。例えるなら、ぼーっとしてリンスし忘れて髪を乾かす最中…

近ければ近いほど見えないじぶんのこと

なんでもできる人っていますよね。 小学校のときから、運動も勉強もできる人がクラスに1人2人はいる。要は出木杉くん。小学校のクラスでいるんだから世の中には何十万人もいるんだろうなあっていうのは予測がつきます。おまけに容姿も良かったり、お家柄が良…

引き出しいくつかな

頭のいい人が好きなのです。 勉強ができるできないではなくて、いろんなことを知っていたり、映画のパロディの元ネタをすぐ言い当てられたり、スポーツ観戦では解説してくれたり、美味しいお店を知っていたりね。だいたいこういう人って成績も良かったりする…

眠い眠い

雨の音、 暖かい空調、 外来語を並べ立てる講義、 おなかいっぱい食べたおひるごはん、 眠い眠い。

本、映画、漫画

が、読みたい。 小〜中学生にかけては好きな作家さんが何人かいて、その人たちが書いたものを中心に読んでいた。けれど児童文学小説だったから、だんだん本離れしていって、現在に至っている。 現在の読書ジプシーに。 本も映画も漫画も好きなのだけれど特に…

頭の上にポワワワーン

今年やっとお花見らしいお花見ができました。 来年はいちご飴食べながらお花見する! こうして、来年はこうしたい!と季節ごとに考えていけるのが嬉しいです。行動に移せたら次のこと考えてる。なんなら実行している最中も考えている。春先なのにクリスマス…

好きだからこそ、見せたくなかったとも言える

好きなのに? 好きだから? カンカンカン!好きな人にダメな自分をさらけ出せない問題。 この場合の好きな人とは恋仲になった人のことです。 ともだちは何故か別です。むしろ出していってる。 それに引き換え恋人にあんまり素を出したことないんじゃないのか…

うさぎとかめ

努力は裏切らないだの何だのいろいろ言葉があるが、結局、コツコツやる人にはかなわないのだと思う。身に沁みて実感している。 何があったのかは割愛させていただくが、喉元の熱さを忘れないうちにここに書き記しておこうと思う。 学校のテストくらいなら一…